「バイク」といって多くの人がまず思いつくのが、「ロードバイク」と呼ばれるタイプのものではないでしょうか?
「レーサーレプリカ」とか、「スーパースポーツバイク」とも呼ばれます。

いずれにしても、ロードレース仕様のカウルに覆われた、乗ると前傾姿勢になるバイクのことです。
今回は、ロードバイク用のおすすめヘルメット10選を取り上げます。

おすすめロードバイク用ヘルメットと一緒に、そのヘルメットに合うおすすめのロードバイクも取り上げます。
ぜひロードバイク用ヘルメット選びの参考にしてください。

【ロードバイク用おすすめ1】 アライ Quantum-J 東単オリジナル グラスブルー

日本が世界に誇る、おすすめのヘルメットメーカー「アライ」から、「Quantum-J 東単オリジナル グラスブルー」の紹介です。
アライヘルメットといえば、その「安全性」でバイカーたちの信頼を勝ち得ており、おすすめのメーカーですが、
このおすすめするQuantum-Jもアメリカの厳しい安全規格、「SNELL」に適合しており、安全性を裏付けています。

今回紹介するロードバイク用のQuantum-Jは、アライヘルメットが、オートバイ用品の総合卸「東単」とコラボレーションして製造したモデルで、
中でもひと際カラーに高級感・重厚感のある「グラスブルー」モデルです。

特にこのおすすめするロード用ヘルメットに合うロードバイクとしておすすめなのが、
「スズキ 隼 パールビガーブルー/グラススパークルブラック」でしょう。
色合いだけでなく、この隼に漂う気品には、グラスブルーのロードバイク用、アライヘルメットがぴったりでおすすめです。

【ロードバイク用おすすめ2】ショウエイ Z-7 ヤマハコラボモデル

日本が世界に誇る、もう一つのおすすめのロードバイクヘルメットメーカー「ショウエイ」から、
「Z-7 ヤマハコラボモデル」をおすすめします。

このおすすめするロード用ヘルメットは、特にロードバイクに乗る女性におすすめできるかもしれません。
なぜなら、このロードバイク用のヘルメットのコンセプトは「軽く、小さく」だからです。

一般的にロードバイク用のヘルメットのサイズは、内装の大きさで測られ、外側のシェルの大きさはほとんど変わりません。
サイズのラインナップがXSからXLまであったとしても、シェルのサイズは2種類ほどしかありません。
ですから女性や頭の小さい方は、頭の部分が大きく見えてしまうため、見た目のバランスが悪くなってしまいます。

しかし、Z-7の場合、シェルのサイズが4つに分かれているため、自分の体のサイズに合った、
バランスの良いロードバイク用のヘルメットを見つけることができます。

さらに、このヤマハコラボモデルの特徴は、格好良いブルーのグラフィックでしょう。これもおすすめポイントです。

このおすすめするロード用ヘルメットに合うロードバイクは、「ヤマハ YZF-R3 ディープパープリッシュブルーメタリックC」です。
ロードバイクのシルバーとブルーのコントラストとヘルメットのホワイトとブルーのコントラストが、
完璧にマッチングしますのでおすすめです!

【ロードバイク用おすすめ3】 OGK kabuto RT-33 フラットブラック

3つ目のおすすめロードバイク用ヘルメットは、
おすすめしたアライ・ショウエイに並ぶ、国産良質ヘルメットで名高い「OGK kabuto」から、「RT-33 フラットブラック」です。

ロードバイク用としておすすめする特徴として挙げられるのが、その安全性です。

日本の安全規格「JIS」はもちろんのこと、ヨーロッパで広く使われている、衝撃の吸収力に重きを置いた、
「ECE」規格もクリアしており、世界基準の安全性を持ち合わせています。

もちろんベンチレーション、シールドのUVカット性などにもこだわっており、ツーリング時の快適性も抜群です。これもおすすめポイントです。

このおすすめするロードバイク用のヘルメットに合うバイクは、「スズキ GSX 250R パールネブラーブラック」です。
このロードバイクの持つスリムさと力強さのイメージが、RT-33のフォルムとカラーにより、一層引き立ちます。

【ロードバイク用おすすめ4】 ICON AIRFRAME PRO GROSS ホワイト

4つ目のおすすめロードバイク用ヘルメットは、「ICON AIRFRAME PRO GROSS ホワイト」です。

おすすめする「ICON」はアメリのアパレル・バイクヘルメットのブランドです。
このAIRFRAME PRO GROSSの第一印象は、「フォルム、カラーともに美しい」ことです。
ロードバイク乗りにとってこれは重要な要素ですね。

フルカウルのロードバイクには、やっぱりルックスの良いロードバイク用ヘルメットが不可欠です。
ルックスに加えて、内装にもこだわりが見られます。

多くのロードライダーの頭に合うように、27通りのフィッティングコンビネーションが可能となっており、
より高い快適性への追及もその魅力の一つで、おすすめする理由です。

美しいカラー、フォルムに合うおすすめのロードバイクとしては、「ドゥカティ スーパースポーツS スターホワイトシルク」を挙げることができます。

【ロードバイク用おすすめ5】HJC RPHA11 スパイダーマン

「HJC」といえば韓国のメーカーで、スターウォーズやマーベルなどのユニークなロード用ヘルメットを製造していることで有名ですが、
そのHJCからおすすめするのはロードバイク用「RPHA11 スパイダーマン」の紹介です。

おすすめポイントは、なんといってもスパイダーマンのグラフィックがクールなところです!

このおすすめするロードバイク用ヘルメットに「ホンダ VFR800F ヴィクトリーレッド」を合わせてしまえば、
まるで市街地を駆け抜けるスーパーヒーローですね。

遊び心と余裕を感じさせる、最高な組み合わせがおすすめです。

【ロードバイク用おすすめ6】 KYT C-5

おすすめする「KYT」ロード用ヘルメットは、インドネシア・ジャカルタに本社のある「TCK」によって生産されています。

イタリアのメーカーと協力して、デザイン・開発はイタリアをベースに行うという、
モータースポーツ本場のテイストが詰まったおすすめのロードバイク用ヘルメットです。

その中でも「C-5」は、SNELL規格をクリアして、アジアやアメリカなどのレースシーンで活躍するほどの、
本格派のロードバイク用ヘルメットでおすすめです。

このロードバイク用のおすすめのポイントは、王道ながらも個性の光るフォルムでしょう。
横から見ると、チンガードの下端が鳥のくちばしのように尖っていて、攻撃性を感じさせます。

「ホンダ CBR250RRマットガンパウダーブラックメタリック」は、
全体的に車体が角ばっていて、このロードバイク用ヘルメットにぴったりなのでおすすめです。

【ロードバイク用おすすめ7】AGV K-3 SV

イタリアの「AGV」は、ロードバイク好きならだれもが知る有名ロード用ヘルメットメーカーです。
おすすめする「K-3 SV」はAGVらしいフォルムが特徴です。

レースで集積したデータがもとになっていることからわかるように、あご周りがとてもシャープになっていて、
高い空力性能をもったデザインがおすすめのポイントです。

有名レーサーのレプリカグラフィックもあり、ロードレース好きにはたまりません。

それに加えてとてもスタンダードで、ネット通販でも簡単に手に入りやすいのもうれしいですね。
癖がなく精錬されたデザインをもつ、「ホンダ VFR800F ダークネスブラックメタリック」との相性がとても良さそうでおすすめです。

【ロードバイク用おすすめ8】ショウエイ GT-Air SWAYER

「ショウエイ GT-Air」の大きなおすすめポイントは、ショウエイフルフェイスヘルメットとしては初めて採用された、開閉式インナーサンバイザーです。
走行中に簡単に開閉できるように、シールドの端に操作しやすいレバーが設けられています。

後から加えられたモデル「SWAYER」は、マットレッドとマットブラックのコントラストが、
渋さを演出すると同時に、個性を引き立ててくれます。これもおすすめポイントです。

このおすすめするロードバイク用ヘルメットに合うロードバイクは、
「カワサキNinja400 メタリックムーンダクトグレー×メタリックスパークブラック」でしょう。

【ロードバイク用おすすめ9】アライ Astro-IQ GLAZE 南海オリジナル

おすすめのメーカー、アライのコラボシリーズからもう一つ、「Astro-IQ GLAZE 南海オリジナル」の紹介です。
その名の通り南海部品とのコラボです。

おすすめする「Astro-IQ」はアライ独自の機能「FCS」を搭載しています。
FCSとは、頭部から頬ボトムまで均一にホールドして、下から包み上げるイメージでロードバイク用ヘルメットを安定させる構造です。

頬を圧迫することなく固定することができ、長時間のロードバイク用ヘルメット装着に伴う疲労を大幅に軽減できるため、
ツーリングを何倍も楽しむことができ、おすすめです。

カラーにスタンダードな要素と、遊び心が織り込まれているのが魅力です。
「ヤマハ YZF-R25 ホワイトメタリック」のコントラストに似ていて、組み合わせることでさらにオシャレ度がアップしますよ。
おすすめの組み合わせです。

【ロードバイク用おすすめ10】OGK kabuto KAMUI-ⅡSnap-on FLAT CAMO BLACK

おすすめのメーカー、OGKの代表シリーズ「KAMUI-Ⅱ」の、「Snap-on」とのコラボヘルメットです。
メーカーの名前がヘルメットに入ることで、レース感がグッと増しますね。

ロードバイク乗りはこのロードレースっぽさが好きな方が多いので、これは結構重要なポイントではないでしょうか?
もちろんおすすめのOGKが誇るシリーズだけあって、ベンチレーションやインナーサンシェードなど、
OGKの技術がいたるところにちりばめられています。

さらにこのおすすめするロードバイク用ヘルメットには「3年消臭」機能があります。
従来とは全く異なる消臭方法を採用した素材を使用し、ロード用ヘルメット内の環境を清潔に保ちます。

このロード用ヘルメットの持つ、遊び心とやんちゃなイメージは、
「カワサキ Ninja250 キャンディパーシモンレッド×メタリックスパークブラック」のもつイメージによく合いますね。おすすめの組み合わせです。

まとめ

ロードバイク用ヘルメットおすすめ10選をご紹介しました。
基本的に、スタンダードから少し離れた、ちょっと個性のあるロード用ヘルメットをおすすめに挙げましたが、いかがだったでしょうか。
また、おすすめの組み合わせもいかがだったでしょうか。

レーサーレプリカバイクの持つ強いインパクトには、おすすめに挙げたこれらのヘルメットの方が、主張があって良いのではないでしょうか。
ぜひ、ヘルメット選ぶ際には、このおすすめの記事を参考にしてみてください。