バイクに乗る女性って格好いいですね。
バイクに乗る女性がヘルメットをとった時に、長い髪がなびくのは女性ライダーの憧れでもあります。
しかし、バイクに乗っている女性にとっては、バイクヘルメットを被ることでの女性ならではの苦労もあります。
女性がバイクのヘルメットを被る時の化粧やヘアメイクについて、女性目線でみていくことにしましょう。

バイクのヘルメットは女性の大敵?

バイクは車と違い、直接風やほこり、トラックやバスなどの排気ガスにさらされています。
バイクでスピードを出せば、その分強い風を女性の肌に浴びることになります。

季節や天候の影響も直に受けるので、夏は暑く、冬は寒く、時には雨や雪を浴びることもあります。
バイクヘルメットの中は、夏は蒸し暑く、女性がつけているファンデーションは汗ですぐに流れ落ちてしまいます。
夏のコンクリートの道路は高温になり、道路の照り返しは想像以上に暑いものです。

冬は空気が乾燥している上に、スピードを出してバイクに乗るため冷たい風に女性の肌がさらされている状態となります。
バイクのヘルメットを被った女性には、季節による変化はいい環境とはいえません。
バイクを乗る女性にとって、紫外線、排気ガス、ほこりは、女性のお肌にとって大敵です。

女性がバイクのヘルメットを被るときに、何もしない状態では肌荒れの原因となります。
女性がバイクに乗る時は、汗を大量にかく想定をし、汗と日焼け対策をしていきます。
バイクヘルメットの種類にもよりますが、内装パッドがあたるUゾーンと頬、おでこの部分は特に化粧が落ちやすくなります。
バイクヘルメットを被ったり、外したりするたびにファンデーションがこすれ、内装が汚れる原因となります。

女性がバイクのヘルメットを被る時の化粧法は?

ヘルメットをつけてバイクを乗る女性は、汗と日焼けと乾燥に対する対策が必要です。

女性が化粧をしなければいいのですが、バイクヘルメットを外した途端にすっぴんをさらすのは恥ずかしい女性もいますよね。
また、化粧や日焼け止めをつけることにより、女性の大敵、紫外線やほこりから女性の肌を守ることもできます。
女性にとって大切なのは、女性がつける化粧の仕方とヘルメット内装パッドへの付着を防ぐことです。

フルメイクで乗る場合は、内装と顔の間にティッシュ、コットンなどをはさむ等の対策が必要になります。
フルメイクは、時間もかかりますし、メイク直しも面倒とういう女性には、ワンポイントで化粧をするのがおすすめです。
ワンポイントの化粧では、例えばアイメイクをしっかりとし、バイクヘルメットを気を付けてかぶることで、ヘルメット内装パッドへの付着を少なく、化粧直しも減らすことができます。

バイクヘルメットに当たりにくい眉毛と目元のメイクをしっかりします。
ヘルメットを被った女性がバイクに乗っていて、化粧を落ちなくするのは難しいです。
化粧はバイクを降りたときに、こまめに直して長持ちさせることが大切です。

パウダーファンデーションを携帯すれば、簡単に化粧を直すことができます。
バイクヘルメットの内装があたる部分には、朝からファンデーションをつけないことも一つです。

しかし、ファンデーションがバイクヘルメットの内装についてしまったときには、どうすればいいでしょうか。
内装の取り外しが出来るバイクヘルメットであれば、取り外して洗うことができます。
取り外しができないヘルメットの場合は、市販のメイク落としシートなどを使って落とす必要があります。

バイクのヘルメットを被る女性の化粧は夏と冬で違う?

バイクのヘルメットを被る女性にとって、夏と冬では女性の肌に与える影響が違うので、女性がつける化粧も変えていった方がいいですね。

夏はとにかく強い日差しから女性の肌を守ることです。
夏だけでなく、女性の大敵の紫外線は春や秋でも強い日があるので、女性はケアをしたほうがいいです。

夏は、半袖でバイクに乗ることもあり、女性は肌の露出が多い季節です。
日焼け止めは顔、首、手首にも塗り、UVケアをしていきます。

さらにたっぷりと女性の肌を保湿し、バイクヘルメットの内装部分を避けた化粧をしましょう。
UV効果のあるファンデーションをTゾーン、目元、口元、頬の高い部分に塗っていきます。
仕上げは少量のルーセントパウダーで、ヘルメットを脱いだ時の化粧崩れを防ぎます。

女性のメイクアイテムは、すべてウォータープルーフを選ぶようにします。
ウォータープルーフのファンデーションとパウダーは、女性にとって夏には欠かせないアイテムです。
ウォータープルーフタイプでないと、汗で化粧が一瞬で崩れてしまいます。

ミスト状の化粧水を持ち歩き、肌に水分補給をすれば、崩れもカバーできます。
さらに、ヘルメットのシールドにUVカットのあるものを選ぶようにします。

冬場の乾燥を防ぐためにリキッドファンデーションを塗っていると、バイクヘルメットの内装がべたついてしまい、汚れがつきやすくなります。
冬場でもミスト状の化粧水は携帯し、バイクを止めたときには、女性はケアをするといいですね。

女性の肌が乾燥する原因は、季節によっても違うので、季節に合ったケアをしていきます。
バイクでも崩れにくい化粧のポイントとなるのは、普段からの女性の肌の保湿ケアです。
肌が乾燥すると、油脂が浮いて、女性は化粧崩れの原因となります。
バイクに乗る前や乗ったあとは、しっかりと女性は肌の保湿をしましょう。

たっぷりの化粧水をつけて、美容液や乳液で水分を閉じ込めます。
出先ではあぶらとり紙で油分除去し、化粧水ミストで保湿をします。
リップクリームもUVカットのものを使うと、くちびるの乾燥も防げます。
バイクに乗るときには、女性は肌がいたみやすいので、化粧品やケア用品は低刺激のものを選ぶようにします。

女性がバイクのヘルメットを被る時の髪型は?

バイクのヘルメットを被ると、どんな髪型の女性でも髪は乱れてしまいます。
髪が長い女性は、髪を結ぶようにするといいですね。
女性がヘルメットを被る時には、どんな髪型がいいでしょうか。

ポニーテールは、高い位置だとバイクヘルメットにつぶされてしまうので、低い位置で結ぶようにします。
ポニーテールは、忙しいときにもさっと結ぶことができ、乱れたら結びなおしも簡単にできます。

シニヨンは、首の後ろでまとめると、ヘルメットを被っても邪魔になりません。
三つ編みは、髪型を維持しやすく、一つに結んだり、二つに結んだりすることでイメージを変えることもできます。

髪型だけでなく、髪を隠す工夫をするのも一つの方法です。
女性がバイクのヘルメットを被って余った髪は、ジャケットを着ているときにはジャケットの中に入れたり、スカーフで包み込むなどの工夫をします。
バイクヘルメットを被ることにより、髪にくせがつくこともあります。
バイクヘルメットでついたくせは、ウォーターミストで直していきます。
髪にスプレーをして、手で整えて、ブラシを使いくせを直していきます。
ウォーターミストは、バイクに乗る時に、携帯するようにしておくと便利です。

バイクのヘルメットを被る女性のヘアケアは?

バイクに乗ると、どうしても髪が乱れて、女性の髪の毛を傷めてしまいます。
特に髪が細くて柔らかい女性や、普段から髪が痛みがちの女性は絡まりやすくなります。

バイクは肩ぐらいまでの長さがあれば、髪が絡まることは避けられません。
ショートヘアにするのも一つの方法ですが、髪を切りたくない女性も多いですよね。

女性の髪の毛がほこりや排気ガスにまみれた状態で、女性の髪を傷めないのは難しいので、ヘアケアをすることが大切です。
バイクのヘルメットを被る前には、洗い流さないトリートメントをしたり、普段からトリートメントで髪の毛のケアをします。
潤いのある髪を保つことで、絡まってもほどけやすくなります。

女性は、走行時など風を受けると髪の毛は乾燥し、日焼けをすることで、ダメージを与えることになります。
ヘルメットを外したら、軽く頭皮のマッサージをするのもおすすめです。
バイクに乗っているときは、同じ姿勢でいることが多く、血流がとても悪くなります。
頭皮のマッサージをすることで、女性の肌にもいい影響を与えることができます。

まとめ

バイクでヘルメットを被っていても、女性にとっては化粧や髪型は大切なものです。
化粧が崩れてしまったり、髪を傷めてしまっては、せっかくのバイクも楽しんで乗れなくなってしまいます。

きれいな素肌や髪のためには、バイクに乗っているときの対策や、普段からケアをしていくことが大切です。
安全に楽しくバイクに乗るためにも、上手にヘルメットと付き合っていきたいですね。